吃音障害の治療法

吃音治療

吃音障害の治療法

吃音障害を治すには、薬、催眠療法、トレーニングなど、
様々な治療方法があります。
ここでは、1つ1つ細かく紹介していきます。

吃音障害の治療法記事一覧

薬で治す方法

吃音の治療方法の1つに、薬があります。現在、吃音に効果のあるといわれている薬もいくつかあり、吃音に効果のある薬は、うつ症状に効果のある薬と、重複するものも多いです。吃音治療で使われる薬主な薬として、ルボックスレキソタンセパゾンアモキサンなどがあります。ルボックスルボックスは、うつの治療薬としても使用されています。この薬は、脳内物質を調整することによって、不安な気持ちを取り除き、精神を安定させる効果が期待できます。ですから、吃音によって、緊張や焦りなどを感じるような方には効果的です。その一方で、薬には副作用があります。この薬の場合、吐き気や口の渇き、筋肉のこわばりなどの症状が現れることがあります...
続きはコチラ

催眠療法による矯正

すでにお伝えしているとおり、吃音は本人が強く意識しはじめることで、より症状が悪化したりします。そのような場合、催眠療法により治療が行われます。催眠療法とは?催眠療法は本人の心の在り方を変えるために、催眠術を使って、その人の潜在意識に働きかけます。そのように催眠術をかけた状態で、どもっていない自分をイメージしたり、上手く話せている自分をイメージすることで、治療を行っていきます。二次性吃音で、性格的に繊細、気にしすぎてしまうタイプの場合は、吃音への意識が強すぎて、治らないことが多いので、催眠療法で、吃音を意識させないことは、有効な方法の1つです。ちなみに、催眠療法は、吃音だけでなく、さまざまな治療...
続きはコチラ

トレーニングで直す

現在、吃音治療にはさまざまなトレーニング方法があります。それぞれ長所、短所がありますので、自分にはどのトレーニングが合うか、ちゃんとチェックをしてください。ことば教室ことばの教室は、吃音に限りませんが、構音障害など発音やしゃべりに難のある子供に対し、指導を行うための教室です。義務教育における特別支援教育制度の一環で、全国の小中学校に設置されています。吃音を改善させるための発話トレーニングはもちろん、心理的ケアであるカウンセリングを行ったり、家庭環境、学校環境など、環境の調整なども行ってくれます。料金も基本無料で、お住まい市、区などのホームページで、詳細が確認できると思います。※茅ヶ崎市の場合h...
続きはコチラ

呼吸法による改善

吃音と呼吸には深い関係があるとされています。吃音者は胸式呼吸吃音、赤面症、対人恐怖症などで、悩んでいらっしゃる方には、呼吸が浅い、胸式呼吸の方が多いです。人間が行う呼吸運動は大きく分けて「腹式呼吸」と「胸式呼吸」があります。腹式呼吸−肺の下にある横隔膜を上下に動かす呼吸。お腹が膨らむ。胸式呼吸−肋骨を広げる呼吸。胸が膨らむ。そして、呼吸が浅い胸式呼吸だと、横隔膜が動かず、吊り上ったままになり、言葉がうまく出にくくなります。また、横隔膜があがったままだと、それが習慣化され、ますます吃音症状が、強くでるようになります。このように、吃音の方は、呼吸が浅いことが原因で、さらに症状を悪化させてしまいます...
続きはコチラ

ツボによる治療

そもそも、吃音の治療に、効果のあるツボはあるのでしょうか?じつは、残念ながら吃音そのものに効果のあるツボはありません。いきなり、ショックなことを話してしまって申し訳ありません。ただ、事実なので、言っておかなければなりません。治療効果のあるツボはないけれど…しかし、ツボを刺激することによって、緊張を緩和したり、精神的に安定を取り戻すツボというのは存在します。吃音者は、どもってしまったときやうまく言葉が出ないとき、焦ったり、不安な気持ちになったりして、余計うまく話せなくなることがあります。そんなとき、緊張を和らげたり、気持ちを落ち着かせることで、症状が出にくくなるので、補助的に活用してみてください...
続きはコチラ

吃音者への保健指導

吃音者の保健指導は、各自治体で、さまざまなイベントなどを通して、行われています。保健指導はいろいろある例えば、吃音のある子供とその保護者の交流会もあります。イベントの場合、みんなでゲームをしたり、吃音者の体験談を聞いたり、相談会を行ったりしています。中には、保護者同士で懇談会を行ったり、吃音の指導者を紹介したりするようなイベントもあります。その他、自治体によっては、吃音に関する講師を招いて、講演会を行っているところもあります。このように、同じ悩みを抱えているもの同士で、コミュニケーションをとることによって、気持ちが落ち着いたり、不安が薄れることもあります。勇気を出して相談しよう現在、吃音の方や...
続きはコチラ

吃音治療

 

 


このページの先頭へ戻る