薬で治す方法

吃音治療

薬で治す方法

吃音

吃音の治療方法の1つに、があります。
現在、吃音に効果のあるといわれている薬もいくつかあり、
吃音に効果のある薬は、うつ症状に効果のある薬と、
重複するものも多いです。

 

 

吃音治療で使われる薬

 

主な薬として、

  • ルボックス
  • レキソタン
  • セパゾン
  • アモキサン

などがあります。

 

ルボックス

ルボックスは、うつの治療薬としても使用されています。
この薬は、脳内物質を調整することによって、不安な気持ちを取り除き、
精神を安定させる効果が期待できます。
ですから、吃音によって、緊張や焦りなどを感じるような方には効果的です。

 

その一方で、薬には副作用があります。
この薬の場合、吐き気や口の渇き、
筋肉のこわばりなどの症状が現れることがあります。

 

 

レキソタン、セパゾン

レキソタンやセパゾンの場合は、精神安定剤としての効果があります。
鎮静効果や軽い睡眠効果もあるので、眠くなってしまうことがあります。
ですから、車の運転などをする方は、気をつけて使用するようにしましょう。

 

 

アモキサン

アモキサンは神経症の方や、自律神経失調症の方も使用する薬です。
この薬は、副作用として体に発疹が出たり、血圧が高くなったり、
低くなることもあり、立ちくらみなどを起こす場合もあります。

 

 

吃音

このように薬を使って吃音の症状を緩和する場合、
効果も期待できますが、
副作用に苦しむ場合もあります。

 

人によっても、副作用のあらわれ方が異なるので、
症状に注意しながら自分に合った薬を使用しましょう。

 

吃音治療

 

 


このページの先頭へ戻る