催眠療法による矯正

吃音治療

催眠療法による矯正

吃音

すでにお伝えしているとおり、吃音は本人が強く意識しはじめることで、
より症状が悪化したりします。

 

そのような場合、催眠療法により治療が行われます。

 

 

催眠療法とは?

 

催眠療法は本人の心の在り方を変えるために、
催眠術を使って、その人の潜在意識に働きかけます。
そのように催眠術をかけた状態で、どもっていない自分をイメージしたり、
上手く話せている自分をイメージすることで、治療を行っていきます。

 

二次性吃音で、性格的に繊細、気にしすぎてしまうタイプの場合は、
吃音への意識が強すぎて、治らないことが多いので、
催眠療法で、吃音を意識させないことは、有効な方法の1つです。

 

ちなみに、催眠療法は、吃音だけでなく、さまざまな治療にも応用されています。
この方法で、食べ物の好き嫌いをなくすことも可能といわれています。

 

 

催眠療法のデメリット

 

ただし、この方法には、性格的に向き不向きがあるので、
必ずしも、誰にでも効果が現れるとは限りません。

 

吃音

そもそも催眠療法にかかりにくい人はもちろんですし、
もともと吃音への意識が強すぎないタイプも、
効果が薄いと考えられています。

 

 

そして、カウンセラーのもとを訪れての治療になるので、
自宅でできるトレーニングのような方法に比べて、
少し勇気がいるかもしれません。

 

吃音治療

 

 


このページの先頭へ戻る