呼吸法による改善

吃音治療

呼吸法による改善

吃音

 

吃音と呼吸には深い関係があるとされています。

 

 

吃音者は胸式呼吸

 

吃音、赤面症、対人恐怖症などで、悩んでいらっしゃる方には、
呼吸が浅い、胸式呼吸の方が多いです。

 

吃音

人間が行う呼吸運動は大きく分けて「腹式呼吸」と「胸式呼吸」があります。

 

  • 腹式呼吸−肺の下にある横隔膜を上下に動かす呼吸。お腹が膨らむ。
  • 胸式呼吸−肋骨を広げる呼吸。胸が膨らむ。

 

そして、呼吸が浅い胸式呼吸だと、横隔膜が動かず、吊り上ったままになり、
言葉がうまく出にくくなります。

 

また、横隔膜があがったままだと、それが習慣化され、
ますます吃音症状が、強くでるようになります。

 

このように、吃音の方は、呼吸が浅いことが原因で、さらに症状を悪化させてしまいます。

 

 

腹式呼吸のメリット

 

ですから、吃音の症状を緩和させるためには、
腹式呼吸をすることをお勧めします。

 

腹式呼吸をするには、息を吐くときにお腹を引っ込め、
吸うときにお腹を膨らますというように、お腹を使って呼吸をします。

 

この呼吸法を取り入れることによって、深い呼吸ができるようになります。

 

 

吃音

よく、吃音の方も、歌を歌うときには
吃音の症状が出ないといいます。

 

その理由は、歌を歌うときは、
腹式呼吸ができているからなのです。

 

吃音治療

 

 


このページの先頭へ戻る