吃音症とは、どんな病気?

吃音治療

吃音症とは、どんな病気?

吃音

吃音症とは、どのようなものなのでしょうか?
吃音症は、言語障害の一種とも言われています。
ですから、話をするときに言葉に詰まったり、早口でしゃべったときに、
突っかかってしまうものとは異なります。

 

 

吃音者の割合

 

現在、吃音者と言われる方は、これくらいの割合でいます。

大人 約0.8〜1.2%
小学生〜高校生 約1.2%
5才以下の子供 約5%

 

このように、吃音症は、子供や幼児のような、しゃべり始めて間もない小さい子に多い症状です。

 

その原因として、

小さい子供は、まだ、左右の脳の機能の分化が進んでいないので、
それが影響しているためです。

 

ですから、幼少期の吃音は、大人に比べ、治りやすい傾向があります。

 

 

吃音が治りにくい理由

 

しかし、ある程度成長し、学校に通うころになっても治らない場合、
周囲の反応を気にするようになります。
そして、吃音は、気にするとより定着してしまい、
治りにくくなるといった悪循環に陥ります。
そうすると、どもりを気にして人前で話すことに苦痛を感じるようになったり、
場合によっては、うつや対人恐怖症、引きこもりなどの症状がでることもあります。

 

このように、吃音症は、本人が自覚してしまうと、
より治りにくくなります。

 

一次性吃音と二次性吃音

ちなみに吃音は本人がどもっていることに気付いているか、いないかで、
2つに分類ができます。

 

一次性吃音

本人がどもっていることに気付いていない吃音

 

二次性吃音

本人がどもっていることに気付いている吃音

 

 

お子さんの吃音を治す場合、
本人が気にする前の一次性吃音のうちに、
早期治療することが重要であるといえるでしょう。

 

この時期の吃音は、環境の調整で治ることも多いので、早めの治療を心がけましょう。

吃音治療

 

 


このページの先頭へ戻る