幼児の吃音

吃音治療

幼児の吃音

吃音

幼児の吃音は、幼児全体の約5パーセント程度で、
2歳から5歳までの間に起こるケースが多いです。

 

その原因は、はっきりとはしていませんが、考えられる要素として、

  • 脳の機能の分化がまだ不十分
  • 育った環境

などがあげられます。

 

 

親はどう接するべき?

 

この時期の吃音は、成長とともに治る可能性も高く、
さほど気にしなくても構いません。

 

ただ、親をはじめとした、周りの大人が、幼児の吃音を気にしすぎるあまり、
間違った対応をしていると、症状を悪化させてしまうことになります。

 

ですから、周りの大人が、温かく見守ってあげることが大切です。
どうしても気になって、改善したいという場合は、
プロのトレーニングなどを参考にしてもよいでしょう。

 

この頃の子供は、まだ、しゃべりはじめで、
おしゃべりをすることが楽しくてしょうがありません。
そして、焦ってしゃべろうとして、どもってしまったり、
言い間違えたりすることもあります。

 

 

無理に矯正しようとしない

 

そのような場合、無理に直そうと吃音を注意したり、
言い直しをさせようとしてはいけません。

 

子供のペースに合わせてゆっくり話すように心がけたり、
言いたいことが言えるまで待ってあげましょう。
そして、子供がうまく言えないときは、繰り返してあげるようにしましょう。

 

決して、早口で話しかけたり、
言い終わらないうちに話しかけたりしないようにしましょう。

 

 

暖かく見守ることも大事

 

この時期の吃音は、こうした簡単な指導で改善されることが多くあります。
子供が吃音であるからと言って、周りの大人が過剰反応を起こさないようにしましょう。

 

子供にとって、話すことがストレスになることが一番良くありません。
そして、それが吃音の悪化にも繋がります。

 

ですから、そのようなことがないように、
周りの大人たちが温かく見守ってあげましょう。
それが、幼児にとって何よりの薬です。

吃音治療

 

 


このページの先頭へ戻る