シーン別対処法、治し方

吃音治療

シーン別対処法、治し方

吃音が気になってしまうシーンはいろいろあります。
面接、電話、就職活動などなど。
ここでは、シーン別の対処法、治し方を紹介していきます。

シーン別対処法、治し方記事一覧

就職活動での対処法

就職活動において、吃音であることが不利になるのではないかと、悩まれている方が、たくさんいらっしゃいます。確かに、就職活動といえば、電話でのアポイントから始まり、面接など、コミュニケーションをとることが多く、話をすることが苦手な人にとって、大変なことは多いです話すのが得意という人はそんなにいないしかし、吃音者でない方でも、話をすることを得意だと思っている人は多くありません。実際、まわりを見てください。非吃音者でも、「話すのが得意」とか「面接は全然緊張しない」なんていう人いますか?ほとんどいないはずです。就職活動を人生を決める大きな分岐点ですし、誰だって、緊張するに決まっているんです、あなただけじ...
続きはコチラ

仕事での対処法

吃音ですと、仕事選びにも苦労します。普通に考えれば、できるだけ話さないで済む業種、職場を選ぶのが無難です。しかし、吃音者の中には、吃音を克服し、人前で話す機会の多い職種を、選択されているかたもかなりいます。話す機会の多い職場で働く『吃音を克服した有名人』で紹介した田中角栄さん、小倉智昭さんなどは、まさにそうですね。ですから、職業を選択するときに、話す機会が少ない職業を選択しなければならないということはありません。なりたい職業が話す仕事であった場合、吃音というだけで諦めてしまうのはツライですし、あえて挑戦してみることも大事です。ただ、吃音者にとって、話す機会が多い職場は、本当に大変だと思います。...
続きはコチラ

面接での対処法

吃音の方は、面接の時、「吃音で上手く話せないことが原因で落とされるのではないか」と、心配されている方もいらっしゃいます。確かに、職種によっては、不利になってしまう内容の仕事もあります。しかし、本人が気にするほど、面接において吃音であることは、重要視されていません。面接で面接官が重要視しているところは、他にあります。あくまで、大事なことはその仕事、職場に対する適正で、決して上手く話せる人が面接における評価が高いわけではないので、過度に気にしないようにしましょう。面接での3つのポイントしかし、どうしても気になるという人は、次のポイントに気をつけてみましょう。面接官に言ってしまう吃音の人は、どうして...
続きはコチラ

電話での対処法

吃音の症状がある方や、話をすることが苦手な方にとって、電話対応は苦痛を感じる方が多いです。電話で役立つ3つのポイントここでは、電話に対する苦手意識を変えられるコツを紹介したいと思います。(他のページでも紹介している方法を含め、改めてまとめています)最初に話しやすい言葉を持ってくる文章の頭に「え〜、あの〜」など、話しやすい言葉を使用するようにします。吃音者は話し始めが一番どもりやすいので、結構効果的な方法です。話しやすい言葉に言い換える言い換えの効く内容であれば、話しやすい言葉に言い換えます。電話を受ける場合はなかなかむずかしいですが、こちらからかける場合は、話す内容が決まっていますので、やりや...
続きはコチラ

吃音治療

 

 


このページの先頭へ戻る